グローバル人材育成ビジネス英語研修 | 専門力強化 英文会計 財務状況を英語で説明できる力をつける

HOME > 法人・官公庁向けサービス > 業界別英語 > 英文会計

英文会計 財務状況を英語で説明できる力をつける

プログラム概要

プログラムの狙い

会計の専門家でなくても、海外現場では、とっさに自社の財務諸表を使い顧客やアライアンスパートナーに財務状況の説明を求められる場面に遭遇します。財務諸表に特有な表現・語彙に触れ、英文基礎会計の基本を知ることを通じて財務状況の概要を読み解き、相手に説明できる基礎力を身につけます。

主な学習内容と目標

損益計算書、貸借対照表等の財務諸表に頻出する表現・語彙を学びます。 日本の財務諸表と海外の財務諸表の表記の違いや特徴に触れ、講師と参加者が対話しながら、英文財務指標を読み込んでいくInteractive Case Studyです。

■損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の大意を理解できるようになる。
■会計の専門家にポイントを絞った質問ができ、その回答を理解できるようになる。
■財務比率分析の数値を基に、傾向や特徴を説明できるようになる。

担当教師

財務英語研修の専任担当ネイティブ講師です。 分かりづらい財務表記を図示しながら、インタラクティブに分かり易く教えてまいります。

時間・人数(目安)

1日7時間×2日 15名以内/クラス

内容(例)







お客様のご要望に合わせて研修のご提案をいたします。詳しくはお問合せください。

お問合せ

▲このページのトップへ